高級クラブで働きたい女性向け

誰もが通る高級クラブの登竜門!高級クラブの『ヘルプ』について

  • Pocket
  • LINEで送る

高級クラブのヘルプの仕事内容って?

未経験で高級クラブで働くことになると、必ず「ヘルプ」という形からのスタートとなります。
ヘルプではない女性は“係り”や“レギュラー”などといった呼び方がされていて、これは指名してくれるお客様を抱えているホステスのことを指しています。
ヘルプの主な仕事内容は、この係りやレギュラーの女性のサポートです。

店内では、係りの女性と、そのホステスを指名している男性への接客を行います。
ガッツリと話し相手になるというよりは、お酒を作ったりタバコに火をつけたり、テーブルの上を片付けたりなど、雑用に近い形の作業がお仕事の基本的内容となるでしょう。

ヘルプであってもお客様からのご指名があれば同伴出勤をすることも可能です。
もちろんアフターも可能ですが、最初からヘルプの女性とお客様との1対1でアフターというのはありません。
係りの女性と一緒に数人で、という形が一般的ですね。

もちろん、容姿や仕草などを美しく保つのも、ヘルプの重要なお仕事ですよ。

高級クラブのヘルプはさらに2種類に分けられる

この「ヘルプ」と呼ばれる女性は、基本的には顧客を抱えていません。
自分を指名してくれるお客様がいないので、ヘルプという形でお仕事をこなしていくのですが、状況によって大きく2種類に分けることができます。
それぞれのヘルプの特徴をチェックしてみましょう。

ゼロヘルプとは

自分が担当するお客様が一切いない状態のホステスは「ゼロヘルプ」と呼ばれています。
単純に「ヘルプ」と表現される時もこのゼロヘルプを意味していることが多いですね。
クラブやキャバクラでの勤務経験が全くない女性がホステスとして働き始めた場合は、みんなこのゼロヘルプからお仕事を始めることになります。

顧客を抱えていないので、売り上げはありません。
接客も常に係りの女性のお隣で、雑用に近いお仕事をこなしていきます。

同伴などはできるので、これを繰り返して収入を上げていく女性もいますが、係りになるとノルマなどが厳しくなる高級クラブもあり、そのため「ずっとゼロヘルでいい」と考えるホステスも、最近はいるようです。
ちなみに、ゼロヘルというのはゼロヘルプの略ですよ。

半ヘルプとは

ゼロヘルプに対して、「半ヘルプ」という表現がありますが、これは徐々に売上が出始めた女性のこと。
担当が少しずつ出てきたものの、それだけではしっかりと稼げなかったり売り上げも中途半端だったりという状態の時に、半ヘルプと呼ばれることがあります。
略して、“半ヘル”や“半売り”などと表現されることもありますね。

係りのみではやっていけないわけですから、売り上げがしっかりとある女性のヘルプとしてもお仕事をこなしていきます。
人気がしっかりと出るまでは、やっぱり誰もがこの状態を経験することになるでしょう。

高級クラブのヘルプは大半が日給制

高級クラブのホステスやキャバクラ嬢などは、売り上げに応じてお給料が決まると思っていませんか?
確かにそうなんですけど、高級クラブのホステスの場合には、「係り」となって顧客を抱えなければ売り上げが生じず、お給料も上がってはいきません。
ヘルプの状態は売り上げがないわけですから、お給料は大半のお店が日給制を採用しています。

高級クラブの場合には、ヘルプでも日給3万円から4万円は可能で、むしろそのあたりが相場となっていますから、一般的なキャバクラのキャストの2倍から3倍は稼ぐことができるでしょう。

ヘルプはママに気に入られると吉◎

高級クラブで働くことの難しさは、キャバクラ嬢のように、「入店して2ヶ月後にはナンバー1になった」などが不可能なことです。
ヘルプから始まり、その状態ではいくらたくさんのお客様に気に入られても、売り上げは係りの女性のところにいってしまうからです。
早めにヘルプという状態を脱しなければいけませんが、そのためにはママに気に入られる必要があります。

ママに気に入られると、より多くヘルプとしてテーブルにつかせてくれますよ。
ママの顧客を紹介してくれやすくなるし、アフターなどにも頻繁に連れて行ってくれるようにもなります。
「この子と同伴してやって」なんてママがお客様に言ってくれれば、さらにチャンスは広がるでしょう。

ヘルプはママに嫌われたら終わり。
逆に気に入られれば人気も獲得できて、お給料も上げることができるでしょう。

ヘルプが高級クラブでナンバー1になるには

ママに気に入られることは大事ですけど、それだけではナンバー1にはなれません。
トップを獲るために欠かせないのが、移籍です。

ヘルプのホステスは、どんなに人気が出ても、そのお店ではヘルプから脱することが難しいんですよね。
高級クラブは永久指名制度になっているのでお客様は途中で係りの女性を変更することができないですし、お客様がヘルプの女性のためにお酒を入れてくれても、全て係りの女性の売り上げとなってしまいます。

ヘルプが高級クラブでナンバー1になるには、ヘルプとして多くの男性から支持を集めて、他店へと移籍するしかないでしょう。
その男性方がついてきてくれれば、新しいお店で係りとして勤務できるようになるわけです。
移転先で、お客様が別のお客様を連れてきてくれれば、その男性方も自分の担当になりますから、売り上げは全て自分のものになりますよね。

このような形で徐々に顧客を増やしていくことで、ナンバー1を狙える立場となっていくしかありません。

  • Pocket
  • LINEで送る