高級クラブで遊びたい男性向け

種類は?価格は?おすすめは?高級クラブのお酒について知る

  • Pocket
  • LINEで送る

高級クラブのお酒は高級な銘柄が多く揃っている

お酒の価値を知っているお客様が、高級クラブには多く来店します。
当然お金も持っているので、高価なお酒を注文される方も少なくありません。
もし経済的に余裕があり、高級クラブで高級なお酒を楽しみたいのであれば、高価な銘柄の情報を頭に入れた上でお店を訪れてみましょう。

●ドン・ペリニヨン
●アルマン・ド・ブリニャック
●クリュッグ
●ロマネ・コンティ
●レミー・マルタン
●山崎

高級クラブに置いてあることの多い銘柄の中で、特に高額なものをピックアップしてみました。

ドン・ペリニヨンは有名ですよね。
日本では「ドンペリ」という愛称で知られているシャンパンです。
通常の白であれば5万前後で飲むことができますが、「ピンドン」と呼ばれるロゼのドンペリになると10万円を超えてきます。
ゴールドで30万円~40万円前後、プラチナになると60万円から80万円の価格でオーダーすることができますよ。

アルマン・ド・ブリニャックの人気は急上昇中。
通常「アルマンド」と呼ばれるシャンパンで、これも30万円から50万円くらいします。
「クリュッグ」もシャンパンの一つで、種類によって全然値段は違うんですけど、10万円前後で飲めるものもありますね。

赤ワインの最高峰ロマネ・コンティは200万円とか300万円するのもありますし、レミー・マルタンや山崎も年代によっては100万円を超えてくるでしょう。
もちろんもっと安く飲める年代や熟成期間のものもありますよ。

ボトルの値段は通常原価の3倍~5倍

上で触れた各お酒の価格は、あくまでも高級クラブで提供される際の価格です。
もちろん、流通価格がもっと高くなればさらに提供する際の値段は上がりますし、逆に酒屋さんなどでの価格がもっと低ければ、高級クラブでの提供価格ももう少しダウンします。

ただ、高級クラブで飲むお酒は、高いと感じる人が多いはず。
これは当然のこと。

ボトルの値段は、通常の価格や流通している価格の3倍から5倍で提供されているんです。
通常原価で飲めるとは思っておかない方がいいでしょう。

もう少しリーズナブルなお酒もあるので安心してください。
無理して高価なお酒ばかりを注文する必要はありません。

接待なら見栄えが華やかな「シャンパン」がおすすめ


画像引用元:http://crystal-kobe.jp/scene/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AA/

もし接待などで高級クラブを利用するなら、誰が見ても豪華さが伝わる「シャンパン」をオーダーしてみましょう。

高級クラブにおいても、シャンパンはお酒の中の花形です。
ホステスの女性も喜びますし、他のお客様に対してもとても見栄えがよく、接待などであれば取引先なども喜んでくれることは間違いありません。

上で紹介したように、シャンパンにはドンペリやアルマンドやクリュッグなど、種類も豊富です。
味もさることながら、ボトルも美しく見栄えがいいですから、まさに接待のような場面にはぴったりですよ。

高級クラブにはソムリエやソムリエールが常駐してる場合もある

ワインを飲みたいと思った時には、ソムリエやソムリエールに相談してみるといいでしょう。

高級クラブともなると、ワインに精通したプロのソムリエや、ソムリエの女性版であるソムリエールが常駐していることもあります。
お店によっていたりいなかったりですが、いない場合にはボーイや黒服がワインの知識をある程度押さえていることも多いですから、予算や好みなどを伝えた上で用意してもらってもいいかもしれません。

フルーツや、ちょっとした食事なども楽しむ場合にはワインの選び方はとても重要になってきます。
最大限美味しくいただけるよう、ソムリエなどを通じてベストな組み合わせを選択するようにしましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る