高級クラブで働きたい女性向け

【銀座・六本木で働きたい】高級クラブの面接で採用率アップする方法

  • Pocket
  • LINEで送る

高級クラブ経験者なら”お客様をどれだけもっているか”をアピール

もしクラブやキャバクラで働いた経験があるなら、面接でまずアピールしなければならないのは、“お客様をどれだけもっているか”です。
お店にとって固定客は大きな売り上げの源。
新たに入店を希望している女性が、他店から多くのお客様を引き連れて来てくれればお店側としては積極的に採用を考えるしかありません。
むしろ、他のお店には渡したくないと考えるでしょう。

高級クラブに勤めた経験があるなら、おそらく顧客がいるはずです。
自分が係りとなっている担当のお客様がどれだけいて、新たな店舗にどれだけ引き連れてこられるのかをしっかりとアピールしてください。

ただし、嘘はいけませんよ。
1人や2人でも確実にいれば、お店側としては万々歳。
数が多いに越したことはありませんが、大事なのはホステス目当てに確実に通ってくれるお客様の存在です。
これを念頭に入れた上で、面接時にはアピールに励んでみましょう。

高級クラブで働くことに対して意欲的である事を伝え面接官に期待させる

「なぜこのお店で働きたいのか」といった志望動機は必ず聞かれます。
聞かれ方はいろいろ考えられますが、志望動機やこの仕事への意気込みなどと聞かれた場合には、明確な目標や意識を語るようにしましょう。

「憧れていた」だけでは少し弱いですね。
「なんとなく」などという答えは言語道断。
どんな夢や目標を持っていて、どんな人生設計を描いているのか、これを明確に伝えることが重要です。

目的意識がはっきりしていれば、オーナーやママに、「この子を採用したら、お店にとってプラスになる」と必ず思ってもらうことができます。
こうなれば不採用になることはまずありません。

意欲があれば、お仕事を頑張りますよね。
努力もして向上心やモチベーションも持ち続けられるはず。
採用するお店側としては、こういうタイプほど求めているものです。
話す内容を整理し、はっきりと夢や目標や向上心などを語れるようにしておけば採用間違いなしですよ。

面接時は必ずイキイキとした表情で受け答えをする

面接中は、柔らかな笑顔とキラキラとした目元を意識して受け答えをするようにしましょう。
イキイキとした表情はポジティブな印象を与えますし、目の前にいる人にもそれが伝染します。
「採用したい」と思ってもらえるようになるんです。

ちょっと意地悪な質問をされたりするかもしれません。
そのような場合でも眉間にシワを寄せたり、不機嫌な表情になったらダメですよ。
オーナーやママは、ネガティブな質問をわざとして反応を見ることが少なくありません。

高級クラブで働いたら、それ以上に意地悪なことや下ネタや厳しいことを言ってくるお客様がいるからです。
そんな時でも笑顔を絶やさず元気よく対応できるかどうか、面接を通じて試しているわけですね。
決してオーナーやママが意地悪な人というわけではありません。

そう思えば、明るい表情で受け答えもできるはず。
最初から最後までその意識を忘れずに面接を乗り越えれば、採用率アップは確実ですよ。

高級クラブの面接において容姿はとても重要

高級クラブで働く女性に必ず求められるものといえば、そう、容姿です。
なんだかんだ容姿はとても重要で、面接では女性の見た目もしっかりとチェックされています。

間違っても、だらしない格好やノーメイクで面接に行くなどしてはいけませんよ。
服装に関してですが、ジーンズやハーフパンツ、Tシャツや近所を出歩くようなサンダル、スニーカーなどはNGです。

ちょっとおしゃれなレストランやカフェにお出かけするようなイメージを思い浮かべて、洋服を選ぶようにしてください。
メイクや髪型もしっかりと整え、誰に見られても恥ずかしくないよう、見た目を綺麗に整えて面接に臨みましょう。

元々の顔立ちは綺麗でも、服装やメイクが適当であれば、銀座や六本木の高級クラブの面接をパスすることはできません。
勝負をかけるつもりで、自分を飾り付けた上で面接に挑んでくださいね。

  • Pocket
  • LINEで送る