キャバクラと全然違う!高級クラブの仕組みについて

高級クラブは「永久指名制度」を採用している

キャバクラで働いた経験はあっても、高級クラブで働いた経験がなければ、後者のシステムには疎いかもしれませんね。
高級クラブの利用経験のない男性も同じかもしれません。

高級クラブとキャバクラやニュークラブの大きな違いは、指名制度にあります。
銀座や六本木などのクラブで採用されているのは「永久指名制度」。
つまり、お客様が一度指名したホステスが、永久に「係り」となることを意味しているんです。

お客様がお店を利用した時の売り上げは、全て係りのものになります。
途中でこの係りを変更することも不可能なので、「永久指名制度」となっているわけですね。
ただし、係りだった女性が、そのお店からいなくなれば話は別ですよ。

例えばホステスを引退したり他のクラブへと移籍すれば、お客様は別のホステスを指名できるようになります。
何度かお店へと通い、次の女性を指名すればその人が新たな係りとなり、また永久に指名し続ける状態になるんです。

他のお店へと移籍した係りの女性を追いかけ、通うクラブを変えるのももちろん問題はありません。
ホステスはお店を転々とすることで指名客を増やしていくので、このようなケースは度々あると思っておきましょう。

お客様1人に対して複数人で接客し飽きさせない仕組みになっている


画像引用元:https://zaizenclub.com/ginzaclub-pleasant/

高級クラブでは、1人のお客様に対して複数のホステスで接客する形が一般的です。
キャバクラの場合には1対1での接客のケースも多いのですが、銀座や六本木のクラブでは、そのような形での接客はほとんどありませんね。

係りのホステス以外の女性は、「ヘルプ」という役割を担います。
このヘルプが何人もお客様の近くに座り、お話をしたり一緒にお酒を飲んだりなどして接客を行うわけです。

このような仕組みになっているのは、お客様を飽きさせないため。
高級クラブは永久指名制度を敷いているので、キャバクラと異なり、お客様は常に係りの女性と接することになります。
1対1の状況ですと飽きられてしまう可能性が出てきますから、ヘルプのホステスを複数着席させ、来店のたびに異なる雰囲気や空間を演出しているんです。

お客様の嗜好やオーダーなどにもよりますけど、ホステス2人が一緒に席につくこともあれば、3人や4人や、それ以上のホステスがいっぺんに接客をすることも少なくありません。
ここも明らかにキャバクラなどとは異なる仕組みになっていますよね。

高級クラブでは「係り」以外のキャストと連絡先交換・同伴・アフターOK

永久指名制度があって、1人のホステスしか指名できないと言うと、かなり厳しいルールのような気がしてしまいますが、実際にはそんなことはありません。

特にお客様にとっては、この指名制度はそこまで窮屈な仕組みには感じられないはずです。
お客様は「係り」のホステスを指名し続けなければいけませんが、その他にもヘルプという形で気に入った女の子をテーブルに呼ぶことができます。
上で説明した複数人での接客の形を、お客様自身の指名によって作ることができるんです。

同じテーブルで接客してもらえるだけではありませんよ。
連絡先の交換や、外で待ち合わせをして一緒にお店へと入る同伴出勤や、営業などが終わった後に店外でデートを楽しむアフターも、係り以外のホステス、つまりヘルプの女性と行うことが許されているんです。

ただ、これも上で少し触れていますけど、ヘルプの女性と同伴し同じテーブルにつきお酒をオーダーしたりしても、その売り上げはすべて係りのものとなるので、この点だけは頭に入れておきましょう。
ヘルプはあくまでもヘルプでしかないんですね。

高級クラブでは紹介か身元がしっかりした会員しか入れない

高級クラブとキャバクラの違いは、まだ他にもあります。

そもそもの話にはなりますが、高級クラブは基本的に一見さんをお断りしています。
一度も利用したことのない人は、誰かの紹介がなければそのお店を利用することができないのです。

平たく言ってしまうと、『会員制』になっているということですね。
例え紹介があっても、よほど信頼できるお客様からの紹介でなければ、次々と会員にさせるということは、基本ありません。
東京でいえば銀座の高級クラブ(http://www.chick.co.jp/)などは会員制の店舗ばかりです。

時折、利用者からの紹介がなくても新たな会員となり利用できるケースがありますが、それは例えば著名人や大企業の重役など、身元がはっきりとわかる人のみですね。
“自称”というだけで入店を許す店舗は、少なくとも銀座や六本木の高級クラブではありません。

ちなみにですけど、上で紹介した「係り」のホステスは、初めて利用するお客様の場合、紹介元のお客様と同じホステスとなります。
つまり、紹介されて新たに会員になったお客様でも自由に担当の女性を決定したり指名することはできないのです。

高級クラブの料金システムは時間制ではない

キャバクラは60分いくらという形の料金システムを採用しているお店がほとんどですが、高級クラブは基本的に時間制を採用していません。
とは言っても、あらかじめ決められた時間を過ぎれば、その後は30分や1時間ごとに追加料金が発生していくシステムにはなっています。

ファーストセット:10,000円
ミネラル:2,000円
テーブルチャージ:5,000円
オールチャージ:4,000円
ボーイチャージ:4,000円
タイムチャージ:3,000円
ボトル:20,000円
サービス料金:24,000円(50%)
消費税:5,760円合計金額:77,760円

例えばですけど、高級クラブを利用すると、上記のような料金となります。
キャバクラでは見られないチャージ料などもあるのでは?
高級クラブ独特の料金システムになっていて、ここにも他の業態のお店とは違うところがいくつも存在しています。

それぞれの料金を解説

では、銀座や六本木の高級クラブ独特の料金システムについて、さらに細かく見ていきましょう。


ファーストセット

これは必ず最初に支払う料金で、感覚としては居酒屋さんの突き出しやお通しに支払う感覚に似ています。


ミネラル

ミネラルウォーターのことです。
ファーストセットに含んでいるお店もありますよ。


テーブルチャージ

テーブルチャージ料金で、これもテーブルに座ったら自動的に発生します。


オールチャージ

これは他の料金に含まれない、例えばヘルプの女性へのチャージ料などを示しています。


ボーイチャージ

文字通り、ボーイさんなど黒服スタッフに支払う料金です。


タイムチャージ

最初に定められた時間を過ぎた後に発生する料金で、延長料金と考えるとわかりやすいでしょう。


サービス料金

利用料金に対してかかる料金で、高級クラブでは40%や50%という割合で設定されています。


基本的にはこのような料金システムになっていますが、上で紹介したようにボトルを入れればそのぶんさらにかかりますし、お料理などを注文すれば、さらに料金は加算されていきます。
その他、店舗によっては独自の料金システムを採用しているケースもありますよ。