高級クラブで働きたい女性向け

月に3~5回あるってホント?同伴ノルマと同伴のアレコレ

  • Pocket
  • LINEで送る
高級クラブには、ホステスやキャストなどと一緒にお客様が店外でデートしてからお店へと行くことができる「同伴出勤」と呼ばれるシステムがあります。
この同伴について、ノルマやメリットなどに関してまとめてみましょう。

高級クラブは売上ノルマがない代わりに同伴ノルマが課せられる

銀座や六本木などの高級クラブで働く女性には、ノルマが課せられることがあります。
これはお店によって種類や超えるべきハードルの高さには違いがあるんですけど、キャバクラのような売上ノルマはほとんどなく、その代わりに同伴ノルマが課せられている店舗が多いです。

キャバクラは、お客様が好きなキャストを指名することができますよね。
高級クラブの場合には永久指名制なので、ヘルプの女性は売り上げを上げることができません。
なので、売上ノルマを課すことができないんです。

ただし、ヘルプの女性にも同伴ノルマは設けられているので、そのために営業活動を行ったりする必要が出てきます。

同伴ノルマは、お店によって違いますが、だいたい月に3~5回程度に設定している店舗が多いようです。
この数を超えられなければペナルティーが待っていることもあるので、新人ホステスさんにとっては、最初のうちは少し超えるのが難しいハードルになってくるでしょう。

店側のメリット:同伴で確実にお客様が来店してくれる

なぜ高級クラブは、同伴ノルマを課しているのでしょうか。
もちろん、お客様をできるだけ多く確保し、お店の売り上げを上げるためですよね。

同伴出勤を行うと、お店がオープンする時間にお客様を連れてくることができます。
営業時間開始直後はどのお店もお客様の数は少なく、テーブルを埋めるのが難しいんです。
同伴出勤があればそのテーブルをすぐに埋めることができるので、無駄をなくすことができますよね。
これがお店側にとっての大きなメリットになるわけです。

同伴出勤は、クラブで働く女性とお客様が必ずお店に来るシステムになってますから、確実にお客様にお金を落としてもらうことにも繋がります。
お客様の来店癖をつけることにも貢献してくれるので、長い目で見た時にもお店にとってはとても大きな利益に繋がるんです。

キャスト側のメリット:同伴ノルマ1回分クリアできる

同伴ノルマと聞くと、キャストやホステスにとっては非常に厳しいルールのように聞こえるかもしれません。
確かに高級クラブで働く女性の中にはこれが嫌な人もいるでしょう。
でも、女性側にとってもメリットがないわけではないんですよ。

単純に、同伴ノルマ1回分をクリアすることができますよね。
決められたノルマをクリアしないとペナルティーがあるわけですから、その回数を減らせるのはとても大きなこと。
加えて、ヘルプの女性であっても、同伴を通じてお客様に自分の魅力を伝え、他店などに移籍した際に指名してもらえるチャンスを作ることもできます。

また、同伴を行うごとにインセンティブが与えられて、キャストの中でも最も同伴を行った女性にはボーナスが支給される店舗もあるんです。
そうしたことがモチベーションとなれば、女性側にも一定のメリットがあると言えるはずです。

お客様側のメリット:高級クラブには同伴料は無い&お気に入りの子とデートできる

お店側とキャスト側だけではなく、お客様にも実は同伴のメリットがあるんですよ。

キャバクラでは同伴料を取るお店が多いですが、高級クラブには基本的に同伴料はありません。
つまり、無料でお気に入りの女の子とデートすることができるんです。

この女の子とデートできるのもお客様が喜ばれる点。
好きなお店に好きな人と二人きりで行くチャンスなんて、そうそうありませんよね。
同伴ならそれを実現できてしまいます。
その子が係りの子であれば売り上げやお給料にも貢献できますし、ヘルプの子であれば、他店への移籍を後押しすることもできますよ。

同伴はお客様にとっても良いこと尽くしなので、ぜひ積極的に利用してもらいたいですね。

  • Pocket
  • LINEで送る