高級クラブで働きたい女性向け

【場所によってこんなに違う】銀座と六本木の高級クラブの客層を比較

  • Pocket
  • LINEで送る
料金の設定が高めでサービスも上質な、いわゆる高級クラブはどのお店にもステータスの高いお客様が来店されますが、エリアによって少しずつ客層も変わってきます。
ここでは、特に銀座と六本木の高級クラブの客層を比べてみましょう。

銀座の高級クラブに来店するのはこんなお客様


画像引用元:https://doresu.net/2018/04/19/

銀座は高級クラブの中でも特に高級度合いの強いお店が立ち並んでいます。
言わずと知れた地価No.1の街ですから、そこにあるクラブの料金設定もサービスも一流のところばかりです。

当然、お客様のステータスも一流です。
銀座の高級クラブでお酒が飲める人は限られており、経済力も高くなければ通うことが難しいため、年齢層や職業も限られてきます。

50代以降の男性が多い傾向がありますね。
それ以下のお客様は単独ではなく、お連れ様であることが多くなっています。
職業は、やはり企業の会長や社長クラスの方達、もしくは大企業の重役の方々が中心です。
芸能関係者の方もいらっしゃいますが、どちらかというと重鎮と呼ばれる方達が多いですね。

こうした方達は、あまり騒ぐことなく、静かに淡々とお酒を飲む傾向があります。
ホステスの話に耳を傾ける余裕もあり、ゆっくりとした時間が流れるようなお酒の飲み方をするお客様が多数を占めています。

六本木の高級クラブに来店するのはこんなお客様


画像引用元:https://travel.mynavi.jp/feature/event_inn/roppongihills.html

成功者が訪れる点では、六本木の高級クラブも同じです。
ただ、客層や飲み方には少しばかり、銀座のクラブとは違いが出てきますよ。

年齢層は銀座の高級店舗と比較すると若い点が特徴です。
それでも40代以降ですが、最近では若くして成功した30代の方も訪れるようになってきています。
60代や70代以降の男性は、銀座とは違い稀ですね。

職業に関して、こちらも企業のトップなどもいますけど、起業家やIT系企業に勤めている方が多くなっています。
また、芸能関係者も多く、事務所関係者からアーティストからスポーツ選手まで、若いけれども力やお金を持っている方も六本木のお店を利用する傾向が強いです。

ゆったりと飲むというよりも、賑やかに飲む傾向が六本木の高級クラブには見られます。
ワイワイとノリの良いお客様が多いので、会話も盛り上がり、お酒の量もかなり進むのがこのエリアの特徴ですね。

お客様から芸能界へスカウトされることも

高級クラブや高級キャバクラと呼ばれるお店には、芸能関係者も度々訪れます。
俳優さんや歌手の方はもちろん、芸能事務所関係者も少なくなく、また、そうした人たちと強いつながりを持っているお客様も少なくはありません。

となると、しばしばあるのが、ホステスやキャバクラ嬢のお客様からのスカウトです。
実際に、銀座や六本木などの高級店で働いていて、そこでスカウトされて芸能界入りした女優さんやタレントさんもいます。

例えば、釈由美子さんは六本木の名店「チック」で働いていた際に、スカウトされたそうです。
他にも、グラビアアイドルとして一世風靡した井上和香さんも、六本木のお店で働き、スカウトされたことがきっかけで芸能界デビューを果たしたという噂があります。
また、国分佐智子さんも高級キャバクラで働いていたところをスカウトされて事務所入りしたと言われています。

銀座や六本木の高級店舗はこうしたチャンスを掴める環境が整っているんです。
表に出ていないだけで、他にも同様のルートで芸能界に入った人は少なくないでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る