高級クラブで働きたい女性向け

どんな格好でお客様を迎えるべき?高級クラブでの衣装とヘアメイク

  • Pocket
  • LINEで送る

高級クラブは基本的に衣装は自前で用意する

キャバクラなどの夜のお店で働き始めると、お店でドレスなどの衣装をレンタルしてくれるので、お金をかけずにキャバクラ嬢として働き始めることができます。
これはとても良いシステムなんですけど、高級クラブで働くなら、衣装は自分で用意するのが基本ですよ。

そもそも、衣装を貸してくれないクラブも多いです。
特に高級クラブだと、「衣装は自前で用意しなさい」という形で言われるので、ホステスとして働くなら、お金を出して自分で調達してこなければいけません。

ホステスになりたてでお金などに余裕もないと、どうしても安い衣装に手を出してしまいがちですが、高級クラブでこれはNG。
お客様は目の肥えた男性が多く、安っぽい衣装ではすぐに見抜かれてしまいます。
それに、やっぱり質が良くありません。

ドレスなどに関しては安かろう悪かろうなので、そうですね、最低でも2万円以上、できれば4万円から5万円程度のドレスやホステス用のスーツを手に入れるようにしたいところです。

ブランドにもこだわってみましょう。
無名なブランドのものではなく知名度のあるブランドの衣装であれば、そこで他のホステスに差をつけたり、お客様との会話に花を咲かせることもできるはずですよ。

高級クラブで働くキャストは美容院でのヘアセットが必須

衣装にお金をかけるのと同じように、ヘアセットにもお金をかけておきたいですね。

自分でヘアセットを行うのは絶対ダメ。
高級クラブで働くなら、出勤の度に贔屓の美容院などホステスのヘアセットを行う技術を持ったプロに任せなければいけません。
出勤の度にヘアセットにお金をかけるのは、これも衣装と同じで経験の浅いホステスやヘルプの女性にとっては経済的に大変ですけど、だからといって手を抜くことはできませんよ。

セットの仕方一つで印象が変わります。
顔つきも変わってきますし、お客様からの視線にも必ず変化があります。
手を抜けばそれだけ評価や評判が落ちてしまうので、ヘアセットにもとことんこだわり抜きましょう。

特に銀座の高級クラブは見た目に厳しい

高級クラブの中でも、銀座は特に見た目に厳しいお店やママが多いです。
客層が六本木などとも少し違うこともありますし、歴史ある高級クラブが多いこともその理由ですね。
少しでもお店のスタイルやお客様の雰囲気に合わなければ、厳しい指摘をされてしまうケースも出てくるでしょう。

これは勤務時ももちろんですけど、出勤時にも言えることです。
まだお店に入る前だからとデニムやカジュアルな靴などを履いて出勤するのはNGですよ。

もし出勤した際にヘアセットがお店の雰囲気に合っておらず、もしくは乱れていたりすれば、すぐにやり直しを命じられたり帰宅させられたりする厳しいお店も少なくありません。

家から一歩出ればプロ意識を持たなければならないのが、銀座の高級クラブに勤めるホステスというもの。
誰がどこで見ているかわからないので、この意識は当然のように持っておきましょう。
この高い意識が接客にもつながり、お客様を満足させられることにもつながっているんですね。

高級クラブは”お客様が支払う金額に見合う恰好で”が基本


画像引用元:https://www.leon.jp/peoples/6282?page=2

銀座などの高級クラブに、リーズナブルさなど存在していません。
お客様も高級クラブであることを認識し、それなりの金額を使おうという思いでお店を訪れています。

もしお客様がお支払いする金額に見合わない恰好のホステスが店内で接客をしたり、お店の外をフラフラと歩いていたらどうでしょうか。
幻滅させてしまいますよね。
そうなれば、お客様はきっと贔屓するお店を変えてしまうでしょう。
だからこそ、ママもホステスに対して服装や髪型などに厳しくするんです。

確かにお金はかかるかもしれませんが、全ては必要な投資です。
お客様が高いレベルを望めば、それに応えるのがホステスの役割。
せめて、お客様のお支払いになる金額にマッチするような衣装などを心がけなければいけません。

  • Pocket
  • LINEで送る